柔らかい食事を用意しよう

レディたち

ブレンダーから宅配まで

お年寄りの方は歯が衰え、噛む力も弱くなりますから、柔らかい料理を用意するのが介護食の基本です。野菜を煮る場合でも、彩りなどを考慮して途中で火を止めるのではなく、芯まで柔らかく煮ていきましょう。ですが、そこまで料理に時間を掛けられないという場合は、ハンドブレンダーがおすすめです。これは先端部分に回転カッターが付いた調理器具となっており、硬い食材でも瞬時に砕いてくれます。手で持って使えるのが特徴で、茶碗やコップの中でも使用できますので、手軽に利用できるのがメリットです。金属タイプなら加熱中の鍋の中の食材も砕けるため、介護食品を準備する時間を大幅に短縮できます。しかし、ハンドブレンダーを使えば噛み難さを解消できる反面、ドロドロの流動食状態になることも否めません。そこで、料理としての見た目も重視する時は、市販の介護食品を利用するのが得策です。現在では食材の形状を極力保ったまま、柔らかく加工されている介護食品が数々販売されており、これなら見た目でも料理を楽しめます。お箸でも簡単に切れるほど柔らかいうえ、バリエーションも豊富に揃っていますから、色々チェックしてみると良いでしょう。そのほか、介護食品の宅配サービスも充実していますので、料理を作る時間がない場合や、高齢者の1人暮らしなどにピッタリです。食材を買いに出たり、自分で調理をせずに済むのが大きなメリットになっています。柔らかくて食べやすいことはもちろん、栄養やカロリーなども考えられた料理を届けてくれるため大変便利です。

Copyright© 2018 老人ホームの申し込み【安心して利用できるところ発見】 All Rights Reserved.