経営開業に必要不可欠となる知識をストックしておこう

海外進出の実態

成功した男性

現在のトレンドについて

日本企業の海外進出にはインドネシアの人気がとても高いです。海外進出はインドネシアに限らず他の国においても言えることですが、しっかりとした知識を身につけておかないと予期せぬ深刻なトラブルに巻き込まれてしまいます。今回はこのインドネシアにおける会社設立について紹介していきます。 インドネシアでの会社設立におけるトレンドとなっているのは、現地での製品の生産です。調味料や服や、靴下などの様々な製品が生産されて日本へと輸出されていきます。これは、物価が安く日本で生産するよりも安く費用を抑えられるからです。このような理由からインドネシアで会社設立をする例が多いのです。

会社設立の際に気を付けることについて

では、会社設立をするのはどのような形態の会社なのでしょうか、またそれぞれの注意点についてはどのようなことがあるのでしょうか。 まず、外国資本投資株式会社があります。これは、海外からの資本を基に会社を設立するのでオーナーが外国人であることが可能です。この注意点は外資なので政府からの税務に関する報告などがかなり厳しくなることがあります。 次に、インドネシア投資の有限会社です。これは、インドネシア人がオーナーにならなければなりませんが、比較的に安く会社を起こすことが可能です。しかし、自分は株主にはなれないので後々になってインドネシア人のオーナーに会社をとられる可能性があることに注意です。 次に、インドネシア資本投資株式会社があります。これは、投資有限会社が株式会社になったものです。メリット、デメリットは同じです。