高齢者が受けられる

人形

生活支援サービス

有料老人ホームとは高齢者が暮らしやすいように住居を整備し必要な介護、家事等の生活支援を提供するホームのことです。サービス提供は、入居をする高齢者の状況に合わせて提供がされます。また有料老人ホームに入居できる条件も高齢者の状況によって異なります。有料老人ホームに入居できる年齢は六十歳以上です。夫婦入居を考えている場合は、どちらかがその年齢であれば良いという場合もあります。元気な時に入居をできるホームと、要介護に認定を受けて入居できるホームがあります。受けられるサービスはホームによって異なってきます。有料老人ホームに入居する手続きはほぼ同じ手順で行われます。まず、市町村で要介護認定をしてもらいます。市役所の介護窓口に問い合わせれば申請を手伝ってくれます。その後市役所の調査が始まります。調査内容のほとんどは有料老人ホームの希望者がどんな状況にあるか調査することです。調査後、役所は入居希望者を要介護、要支援の区分に分けます。この区分は二通りあり、自分で自立した生活がどの程度できるか、軽度か全くできない重度かに分けられます。一ヶ月以内に通知が送られ、要支援、要介護のどちらかであれば、有料老人ホームに入居できる条件が揃います。その後、市区町村にある有料老人ホームについて自分で調べます。調べる前に事前にどんな場所でどんな生活を送りたいか具体的に考えておくことが大切です。有料老人ホームの情報は市役所の窓口や、インターネット、図書館などにあります。調査をしたら、実際に電話をかけ見学し、体験入居をしてみます。

Copyright© 2018 老人ホームの申し込み【安心して利用できるところ発見】 All Rights Reserved.