経営開業に必要不可欠となる知識をストックしておこう

経済成長との関係

事務所

高い経済成長率を維持するインドネシア

インドネシアは2000年以降は着実に成長を続けており、近年では実質GDP成長率は5%を超えているのです。これを受けて、世界中の多くの企業がインドネシアに会社設立を検討しています。アベノミクスが成功してるとはいえ、経済的には閉塞感があることも否定できない日本を飛び出して、インドネシアで会社設立したいと考える方も多いことでしょう。 さらに、日本人にとってありがたいことに、インドネシア人は一般的に親日家といわれ、温厚で素直、情が厚い国民性なのだそうです。

会社設立において気をつけるべきこと

そんなインドネシアですが、現地で起業する際には、日本では思いもよらない様々な課題が持ち上がることが多いといいます。 例えばまず、事業を行うための銀行口座の開設、スタッフを日本から呼ぶ場合の労働許可書の発行、法人設立のための登記、加えて会計、税務など、全て日本とは違うため、インドネシアの法律を確認しながら進めいく必要があります。 また、一部運送関係など、もとから外資には参入出来ない業種なども定められています。 さらに、インドネシアは大半はイスラム教ですので、価値観の違いによる思惑の相違などもあり、慣習として仕事の進め方が違う点も考慮しておかなければなりません。 会社設立には、なによりも、事前の調査が大切になりますが、最近では、日系の会社で、現地での会社設立をサポートしてくれる会社もありますので、現地事情に詳しいそういった会社のサービスを受けることも検討してみると良いでしょう。